2009年08月29日

福禄ストーブ

IMG_6098_1.JPG
さて,この手前のエンジンみたいなやつ.

ミニストーブです.石炭ストーブ.
バラクラの中に骨董屋さんができたとは知らなかった.その店先に置いてあったんです.

表面は再塗装してあってきれいですが,5,60年前のもののようです.川口(キューポラのある街)の鋳物屋さんで当時たくさん作られて北海道などで多く使われていた石炭ストーブの一番小さなモデルだと思います.
後ろに突き出て見えているのは煮焚き用の台で,その左奥に煙突口があります.高さ45cmほどの可愛いやつです.

して,これどうすんだ....

 
posted by himaji at 00:00| Comment(0) | 他にも楽しいことが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: