2006年10月03日

読書の秋ですよ!

「新聞もラジオも,ましてテレビや電話も,そして隣人さえもなければ人間の生活はずいぶん純粋になる.入りすぎる情報で疲労もしない.これが本来の,動物的な人間の暮らしの基本ではあるまいか.」 高原の野鳥物語の一節です.まだ携帯に翻弄されることもなかった16年前に書かれたのです.
「ひまじ」のオーナーも世事にうといのです.
IMG_1281_420.jpg
ビーナスライン車山肩のチャップリンの上にある「ころぼっくるひゅって」を1956年に創設された手塚宗求さんのエッセイ集.霧が峰にまつわるいろいろなお話が野草や野鳥に寄せて書き綴られ,ついつい先を読んでしまいました.
「ころぼっくるひゅって」でサイン入りの本が売られています.
posted by himaji at 17:55| 長野 ☀| Comment(0) | 最近の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: