2013年12月04日

Garry Burton Jazz Improvisation 講座修了

window shot 2_1.jpg

9月にNHKの番組でMOOCというのを紹介してました.世界中の大学がネットを使った無料の講座をやっているというのです.
どんな講座があるのかと検索してみると,原始物理学やら経済学やら,とてもお呼びでないものがズラズラ.でも探しているうちに音楽関係があったのです.バークリーの講座です.いくつかあって,そのうちのひとつが表記の講座.これなら話は分りそうかな,と思い申し込みボタンをポチッ.
これが凄まじく大変な5週間の始まりでした.ネットでやる大学講座とはどんな風にやるんだろう,という素朴な興味だったのですが,中身が実習付きで毎週宿題が出るのでなんとかこなすのに徹夜でした.所用時間は週5〜6時間というはずだったんだけどとんでもありません.他の受講生も,週じゃなくて毎日5〜6時間だと掲示板に書き込んでました.
途中何度ももうやめようかと思ったのですが,先の授業も受けたいので,なんとか宿題を出し続け先月第3週で終わり,今日やっと目出度く修了証書が発行されました.途中のクイズや宿題の出来が合計で70%以上だと修了とみなされるのです.修了してもジャズが弾けるようになるわけじゃありません.主にモード手法の演奏の掟を伝授されたという訳で,その掟を守って練習すれば上手くなるかもしれない,というヤツです.僕のマンネリピアノから脱却すべく,練習を始めようかなと思っています.
提出した宿題の演奏は下記で聞くことが出来ます.L01~L05が第1週〜第5週に相当.毎週課題曲が与えられ掟に沿って演奏できているかが評価されるのです.(L02はモードの練習)
https://soundcloud.com/ohimaji
この評価は受講生同士でやる仕組みなので,毎週5人の受講生の演奏を評価しなくてはいけません.世界中なので,英語で書かなきゃいけないのがちょっとやっかいです.
ジャズをやりたい人には是非お勧めです.掲示板で活発に講座内容の話が飛び交い,英語が達者なら同じような趣味の友人がたくさん出来ます.演奏は最初から上手い人もいますが,大概はジャズのフィーリングもまだないような老若男女のようでした.

posted by himaji at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック