2014年11月24日

鹿の死骸

IMG_0010_1.JPG

 こんな写真見たくないでしょうか. いつもの竜神池に向かう散歩道の森の中で出くわしました. なぜ死んだか分かりませんが猟師ではないと思います. この森も夜になると動物たちが群がって死体を食いちぎっていたのですね.

 実は最初に見つけたのはおとといで,そのときはもっと肉が残っていたので,その晩に勇気を出して撮りに行っていればもっと興味深い写真が撮れたんでしょうね.

 鹿が増えすぎて困っています.捕食者がいないからです. オオカミを殺しつくした人間は責任を持って鹿の大量繁殖を止めなくてはいけないのに,猟師が少ない. 鹿を撃ってもお金にならない. 殺した鹿を食べようと思ったら直ぐにその場で血を抜かないと肉が臭くなります.鹿は体温が高くて腐りやすいそうです. その重い肉を山の森から担ぎ出してくるのは重労働です. 鹿肉は竜田揚げなどにしておいしいんですけどね.
posted by himaji at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の蓼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック